NBA3ポイントコンテスト2019の結果速報!出場者の得点や動画まとめ!

日本時間2月17日(日)に開催されるNBAオールスターサタデー2019。

リーグ屈指のシューターが集まる3ポイントコンテストの結果速報をお届けします。

今年はカリー兄弟の出場が実現した他、前回優勝者のデビン・ブッカーやベテランのダーク・ノビツキーの出場が決まっており、見どころ満載となっています。

2019年は誰が優勝したのでしょうか?

スポンサードリンク

3ポイントコンテスト2019の結果速報!

優勝:ジョー・ハリス

決勝

順位 選手名 得点
1 ジョー・ハリス 26
2 ステフィン・カリー 25
3 バディ・ヒールド 19

最初に挑戦したジョー・ハリスが予選に続き最後のマネーボールをすべて決めて26ポイントを記録して後続にプレシャーをかけます。

次に挑戦したバディ・ヒールドはミスが目立ち19ポイント止まり。

最後に挑戦したステフィン・カリーは最初の9本のショットを全て決めるも10本目のマネーボールをミス。最後のマネーボールを全て決めると優勝という場面で1本ミスしてしまい、惜しくも1ポイント差で敗れました。

予選

順番 選手名 得点
1 ジョー・ハリス 25
2 ケンバ・ウォーカー 15
3 クリス・ミドルトン 11
4 セス・カリー 16
5 デイミアン・リラード 17
6 バディ・ヒールド 26
7 ダニー・グリーン 23
8 ダーク・ノビツキー 17
9 ステフィン・カリー 27
10 デビン・ブッカー 23

最初に挑戦したジョー・ハリスが最後のマネーボールをすべて入れていきなり25ポイント。

今シーズン195本の3ポイントを決めているバディ・ヒールドが調子のよさをコンテストでも発揮して26ポイント。

そして、2015年に優勝しているステフィン・カリーが故郷シャーロットで予選最多の27ポイントで会場を沸かせました。

前回優勝のデビン・ブッカーは最後のマネーボールをすべて決めて23ポイントを記録するも最初のミスが響き、予選敗退となりました。

決勝進出者のポイントが27、26、25と非常にハイレベルな予選となりました。

3ポイントコンテスト2019の動画

【予選】

【決勝】 

スポンサードリンク

3ポイントコンテスト2019の出場者

3ポイントコンテストに出場する選手は以下の10選手です。

デビン・ブッカー(サンズ)2018年優勝

セス・カリー(ブレイザーズ)

ステフィン・カリー(ウォリアーズ)2015年優勝

ダニー・グリーン(ラプターズ)

ジョー・ハリス(ネッツ)

バディ・ヒールド(キングス)

デイミアン・リラード(ブレイザーズ)

クリス・ミドルトン(バックス)

ダーク・ノビツキー(マーベリックス)2006年優勝

ケンバ・ウォーカー(ホーネッツ)

やはり一番の注目はステフ&セスのカリー兄弟です。カリー兄弟の故郷は開催地シャーロット。故郷でのパフォーマンスに注目です。

地元のウォーカーは好不調の波があるものの、当たれば優勝も狙えます。

3ポイント成功率ランキング

3ポイントコンテスト出場選手内での3ポイント成功率をランキングにしてみました。

※オールスターブレイクまでの数字

順位 選手名 成功率 3PM/3PA
1 ジョー・ハリス 47.1% 132/280
2 セス・カリー 46.5% 66/142
3 バディ・ヒールド 44.9% 195/434
4 ステフィン・カリー 44.4% 236/531
5 ダニー・グリーン 42.1% 128/304
6 クリス・ミドルトン 37.8% 122/323
7 デイミアン・リラード 37.3% 162/434
8 ケンバ・ウォーカー 36.7% 187/510
9 デビン・ブッカー 32.5% 91/280
10 ダーク・ノビツキー 30.9% 25/81

シーズンの確率ではジョー・ハリスが1位でリーグ全体でも2位にランクインしています。

しかし、3ポイントコンテストは60秒以内に25投するという試合ではないシチュエーションです。シーズンの確率が高い選手が有利というわけではありません。

また、点数が2倍になるカラーボールもあるので、いかにカラーボールをミスなく決められるかも勝負の分かれ目となります。

3ポイントコンテスト歴代優勝者

3ポイントコンテストの過去10年の優勝者は以下の通りです。

優勝者
2018年 デビン・ブッカー(サンズ)
2017年 エリック・ゴードン(ロケッツ)
2016年 クレイ・トンプソン(ウォリアーズ)
2015年 ステフィン・カリー(ウォリアーズ)
2014年 マルコ・ベリネリ(スパーズ)
2013年 カイリー・アービング(キャバリアーズ)
2012年 ケビン・ラブ(ウルブズ)
2011年 ジェームズ・ジョーンズ(ヒート)
2010年 ポール・ピアース(セルティックス)
2009年 デクワン・クック(ヒート)

以上のようになっています。

複数優勝者は以下の6選手です。

■最多優勝

3回

ラリーバード(セルティックス)86~88年

グレイグ・ホッジス(ブルズ)90~92年

■2回優勝

マーク・プライス(キャバリアーズ)93,94年

ジェフ・ホーナセック(ジャズ)98,00年

ペジャ・ストヤコビッチ(キングス)02,03年

ジェイソン・カポノ(ヒート、ラプターズ)07,08年

3回優勝しているグレイグ・ホッジスは91年大会で19本連続成功という今だに破られていない記録を作っています。

ラリーバードは88年大会でラストショットを放った直後に人差し指を上げるパフォーマンスが有名です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする