NBAプレシーズン2018結果まとめ!順位表とハイライトを紹介!

プレシーズン

NBAプレシーズン2018の全日程が終了しました。

ということで、プレシーズンの振り返りを行いたいと思います。

移籍した選手の活躍、ルーキーのNBAデビュー、渡邊雄太選手の活躍など見どころが満載でした。

順位表やハイライトもまとめましたので是非ご覧ください♪

スポンサードリンク

NBAプレシーズン2018の順位表

まずは、プレシーズン2018の順位表から見ていきましょう!

イースト

順位 チーム
1 トロント・ラプターズ 4 1
2 ワシントン・ウィザーズ 4 1
3 シャーロット・ホーネッツ 4 1
4 ミルウォーキー・バックス 3 1
5 フィラデルフィア・76ers 3 1
6 ニューヨーク・ニックス 3 2
7 インディアナ・ペイサーズ 2 2
8 クリーブランド・キャバリアーズ 2 2
9 マイアミ・ヒート 3 3
10 ブルックリン・ネッツ 2 2
11 デトロイト・ピストンズ 2 3
12 シカゴ・ブルズ 2 3
13 オーランド・マジック 2 3
14 アトランタ・ホークス 2 3
15 ボストン・セルティックス 1 3

 

ウエスト

順位 チーム
1 ユタ・ジャズ 5 0
2 ロサンゼルス・クリッパーズ 5 0
3 ヒューストン・ロケッツ 4 1
4 デンバー・ナゲッツ 4 1
5 オクラホマシティ・サンダー 3 1
6 ポートランド・トレイルブレイザーズ 3 2
7 サンアントニオ・スパーズ 3 2
8 ロサンゼルス・レイカーズ 3 3
9 ダラス・マーベリックス 2 2
10 フェニックス・サンズ 2 3
11 メンフィス・グリズリーズ 2 3
12 サクラメント・キングス 2 4
13 ミネソタ・ティンバーウルブズ 1 4
14 ゴールデンステイト・ウォリアーズ 1 4
15 ニューオーリンズ・ペリカンズ 0 5

 

プレシーズンの順位はこんな感じです。

正直この段階での順位はなんの判断材料にもなりませんよね(笑)NBA以外のチームとも試合をしましたし。

あくまで、調整期間ですから。

ボーダーライン上の選手は全力アピールですが。

主力選手は20分前後の出場時間に抑えられました。休養する試合もありましたね。怪我が一番怖い。

全30チームで唯一全敗しているペリカンズが気になりますが、ウォリアーズやセルティックスあたりは、レギュラーシーズンに入れば上位にいくので心配いらないですね。

NBAプレシーズン2018のハイライト動画

プレシーズン2018のハイライト動画をご紹介します。

↓プレシーズンベストプレイ集↓

凄いプレーが盛りだくさんです。

 

ルーキーが早くも活躍していますね。

トレイ・ヤング(ホークス)

 

ディアンドレ・エイトン(サンズ)

 

ルカ・ドンチッチ(マブス)

などなど。

今シーズンのルーキーもレベルが高そうです。

 

スポンサードリンク

そしてレイカーズに移籍したレブロンの活躍は見逃せない。

 

レブロンはMVP候補にあがるほど期待されています。

 

レイカーズの個性派も忘れてはいけません!(笑)

 

ロンド

 

ランス

 

マギー

渡邊雄太がプレシーズンで大活躍!

今シーズンがいつもと違うのが日本人選手が活躍しているということ。

これはNBAファンにはたまらないのです。

プレシーズン初戦のロケッツ戦は怪我の影響で欠場。

怪我の影響が心配されましたが、2試合目のマジック戦で初出場!

この瞬間は感動したな~!

田臥勇太選手以来のNBA出場です。

マジック戦はあまりアピールできませんでしたが、次のペイサーズ戦で見せ場がきました!

 

ハイライトは第4Qの同点スリー!

本当に盛り上がった!

NBAのデイリーハイライトの2位にもランクインしてたし、ベストプレイとしても取り上げられた。ベンチメンバー中心の試合でしたがNBAの舞台で本当に素晴らしい活躍をしました。

 

↓渡邊雄太選手のペイサーズ戦での活躍!↓

 

プレシーズンの活躍が認められ、見事開幕ロースターに残りました。

これから見せ場が来ると信じています(^^♪

 

レギュラーシーズンは日本時間10月17日開幕です!

今年も見どころ満載ですね!

以上、最後までご覧いただきありがとうございました!

 

 

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました