NBAオールスターダンクコンテストの歴代優勝者を紹介!ハイライトシーンは?

オールスター

1年に一度のお楽しみ「NBAスラムダンクコンテスト」。

これまでに数多くの名勝負、名ダンクが誕生しました。

この記事ではスラムダンクコンテストの歴代優勝者を一覧でご紹介しています。

あなたはどの年のダンクが印象に残っていますか?

スポンサードリンク

NBAスラムダンクコンテストの歴代優勝者

NBAのスラムダンクコンテストが始まった1984年からの歴代優勝者をご紹介します。

選手名(所属チーム)
1984年 ラリー・ナンス(フェニックス・サンズ)
1985年 ドミニク・ウィルキンス(アトランタ・ホークス)
1986年 スパッド・ウェブ(アトランタ・ホークス)
1987年 マイケル・ジョーダン(シカゴ・ブルズ)
1988年 マイケル・ジョーダン(シカゴ・ブルズ)
1989年 ケニー・ウォーカー(ニューヨーク・ニックス)
1990年 ドミニク・ウィルキンス(アトランタ・ホークス)
1991年 ディー・ブラウン(ボストン・セルティックス)
1992年 セドリック・セバロス(フェニックス・サンズ)
1993年 ハロルド・マイナー(マイアミ・ヒート)
1994年 アイゼイア・ライダー(ミネソタ・ティンバーウルブズ)
1995年 ハロルド・マイナー(マイアミ・ヒート)
1996年 ブレント・バリー(ロサンゼルス・クリッパーズ)
1997年 コービー・ブライアント(ロサンゼルス・レイカーズ)
1998年 未開催
1999年 ロックアウト影響でオールスターが中止
2000年 ビンス・カーター(トロント・ラプターズ)
2001年 デズモンド・メイソン(シアトル・スーパーソニックス)
2002年 ジェイソン・リチャードソン(ゴールデンステート・ウォリアーズ)
2003年 ジェイソン・リチャードソン(ゴールデンステート・ウォリアーズ)
2004年 フレッド・ジョーンズ(インディアナ・ペイサーズ)
2005年 ジョシュ・スミス(アトランタ・ホークス)
2006年 ネイト・ロビンソン(ニューヨーク・ニックス)
2007年 ジェラルド・グリーン(ボストン・セルティックス)
2008年 ドワイト・ハワード(オーランド・マジック)
2009年 ネイト・ロビンソン(ニューヨーク・ニックス)
2010年 ネイト・ロビンソン(ニューヨーク・ニックス)
2011年 ブレイク・グリフィン(ロサンゼルス・クリッパーズ)
2012年 ジェレミー・エバンス(ユタ・ジャズ)
2013年 テレンス・ロス(トロント・ラプターズ)
2014年 ジョン・ウォール(ワシントン・ウィザーズ)
2015年 ザック・ラヴィーン (ミネソタ・ティンバーウルブズ)
2016年 ザック・ラヴィーン (ミネソタ・ティンバーウルブズ)
2017年 グレン・ロビンソン3世(インディアナ・ペイサーズ)
2018年 ドノバン・ミッチェル(ユタ・ジャズ)

 

NBAダンクコンテスト初代王者はキャバリアーズで活躍するラリー・ナンスJr.の父親・ナンスSr.でした。現在ナンスJr.はキャバリアーズで活躍した父親の背番号「22」を着用してプレーしています。2018年のダンクコンテストにも出場して父親のジャージを着てダンクをしました。

過去に連覇している選手はマイケル・ジョーダン(87,88)、ジェイソン・リチャードソン(02,03)、ネイト・ロビンソン(09,10)、ザック・ラヴィーン(15,16)の4選手です。

最多優勝選手はネイト・ロビンソンの3回(06,09,10)です。

コービー・ブライアントは史上最年少の18歳で優勝しています。

最も身長が低い優勝者は1986年のスパッド・ウェブで168cmでした。

2008年に優勝したドワイト・ハワードは優勝者の中で唯一のセンターでした。

スポンサードリンク

NBAスラムダンクコンテストのハイライト集

スラムダンクコンテストのハイライト動画です。

Ultimate Slam Dunk Contest Mixtape

 

こちらは満点の50点を出したダンク集です。

ALL 50-Point Dunks In NBA Slam Dunk Contest History

 

NBAスラムダンクコンテストの名勝負

ダンクコンテストの名勝負と言えば、マイケル・ジョーダンvsドミニク・ウィルキンスとザック・ラヴィーンvsアーロン・ゴードンの2つが出てきます。

私は2000年からスラムダンクコンテストを見始めたのでジョーダンとウィルキンスのダンクはリアルタイムでは見てないです。

記憶がある2016年のダンクコンテストをベストの名勝負としておきます(笑)

 

Zach LaVine and Aaron Gordons AWESOME 2016 Slam Dunk Duel

この年のダンクコンテストは本当にハイレベルで正直ラヴィーンとゴードン2人をチャンピオンにしたいくらいでした。

予選を突破した両者はファイナルラウンドでもハイレベルなダンクを次々と出します。通常2回で終わるダンクでしたが2人とも50点のダンクを叩き出すため、4回目までもつれました。

4回目のダンクで47点だったゴードンに対し、満点を出したラヴィーンが連覇を果たしました。引き出しの多さの勝利でした。

NBAスラムダンクコンテストベストイヤーは?

スラムダンクコンテストで一番記憶に残っている年は間違いなく2000年です。

ダンクコンテストはマンネリ化を理由に1998年は開催されず、1999年はロックアウトの影響でオールスター自体が行われませんでした。2年の沈黙を破って開催された2000年のダンクコンテストでビンス・カーターが歴史に残るダンクを連発し衝撃を残しました。

私はリアルタイムで見てましたが衝撃的でした。

1本目のダンクが終わった時点で優勝はカーターで決まりでした。

現地解説も「Let’s Go Home! Let’s Go Home!」と言ってましたね。本当に圧倒的でした。

 

この年は他の選手がかわいそうでしたね。でもスティーブ・フランシスや従兄弟のトレーシー・マグレディもハイレベルなダンクを見せてましたよ。それでもカーターの前では完全にかすんでましたね。

一番かわいそうだったのがカーターの次にダンクをしたジェリー・スタックハウスです(笑)
カーターのダンクで会場がどよめく中静かにダンクをしていたのが印象的です。

この年のダンクコンテストは永久保存版ですね。

 

 

スポンサードリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました