NBAダンクコンテスト2019の結果速報!出場者の得点や動画まとめ!

日本時間2月17日(日)に開催されるNBAオールスターサタデー2019。

中でもスラムダンクコンテストはサタデーイベントの最後に組まれており、最も盛り上がるイベントです。

今年も若くて能力溢れる選手がそろいました。

こちらの記事では、2019年のスラムダンクコンテストの結果を速報します。

2019年は誰が優勝したのでしょうか?

スポンサードリンク

NBAダンクコンテスト2019の結果速報!

優勝者:ハミドゥ・ディアロ

決勝

順番 選手名 1回目 2回目 合計
1 デニス・スミスJr. 35 50 85
2 ハミドゥ・ディアロ 43 45 88

決勝戦はスミスJr.の2回目のウェイド越えのダンクが満点。しかし、1回目にダンクを成功させることができなかったのが響き優勝ならず。

ハミドゥ・ディアロがサンダーの選手として初のダンクチャンピオンに輝きました。

予選

順番 選手名 1回目 2回目 合計
1 ジョン・コリンズ 40 42 82
2 ハミドゥ・ディアロ 48 50 98
3 デニス・スミスJr. 45 50 95
4 マイルズ・ブリッジズ 33 50 83

1回目はサンダーのハミドゥ・ディアロが最高得点です。ウエストブルックからのパスを受けてダンクして48点を記録しました。

2回目は3選手が満点というハイレベルな回でした。中でもディアロのシャック越えのエルボーダンクが一番インパクトありました。

NBAダンクコンテスト2019の動画

ダンクコンテスト2019のフルハイライト動画です。


スポンサードリンク

NBAダンクコンテスト2019の出場選手

ダンクコンテスト2019に出場する選手は以下の4選手です。

マイルズ・ブリッジズ(ホーネッツ)

ジョン・コリンズ(ホークス)

ハミドゥ・ディアロ(サンダー)

デニス・スミスJr.(ニックス)

マイルズ・ブリッジズとハミドゥ・ディアロはルーキー、ジョン・コリンズとデニス・スミスJr.は2年目というフレッシュな顔ぶれです。

ダンクコンテストの出場はスミスJr.が昨年のルーキー時に出場しているだけで、他の3選手は初出場です。

ダンクコンテスト歴代優勝者

ダンクコンテストの過去10年の優勝者は以下の通りです。

優勝者
2018年 ドノバン・ミッチェル(ジャズ)
2017年 グレン・ロビンソン三世(ペイサーズ)
2016年 ザック・ラビーン(ウルブズ)
2015年 ザック・ラビーン(ウルブズ)
2014年 ジョン・ウォール(ウィザーズ)
2013年 テレンス・ロス(ラプターズ)
2012年 ジェレミー・エバンス(ジャズ)
2011年 ブレイク・グリフィン(クリッパーズ)
2010年 ネイト・ロビンソン(ニックス)
2009年 ネイト・ロビンソン(ニックス)

以上のようになっています。

複数優勝者は以下の6選手です。

■最多優勝

3回

ネイト・ロビンソン(ニックス)06,09,10年

■2回優勝

ザック・ラビーン(ウルブズ)15,16年

ジェイソン・リチャードソン(ウォリアーズ)02,03年

ハロルド・マイナー(ヒート)93,95年

マイケル・ジョーダン(ブルズ)87,88年

ドミニク・ウィルキンス(ホークス)85,90年

身長175㎝のネイト・ロビンソンが連覇を含む3度の優勝を果たしています。ジョーダンとウィルキンスの優勝争いは歴代屈指の名勝負として語り継がれています。

■最年少優勝

コービー・ブライアント(レイカーズ)97年

ルーキー時代のコービーが史上最年少18歳で優勝しています。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする