【2023年最新】NBA移籍情報!トレード期限までに起こった移籍総まとめ!【八村塁がレイカーズへ】

NBA移籍2023 移籍情報

2022-23シーズンのNBAも中盤戦に入り、ある程度の戦力や課題が見えてきています。

トレードデッドラインは、日本時間2023年2月10日です。

この期間までに各チームがどのような補強をするかでシーズンの行方が左右されそうです。

この記事では、2023年1月〜2月に起こったトレード・移籍情報をまとめています。

八村塁のレイカーズ行きという衝撃のニュースも!

では早速見ていきましょう!

※情報は随時更新していきます。

スポンサーリンク

カイリー・アービングがトレードでマーベリックスへ移籍!

NBA移籍2023

2月6日にネッツのカイリー・アービングがマーベリックスにトレードされたという情報が入りました。

【マーベリックス獲得】
カイリー・アービング
マーキーフ・モリス

【ネッツ獲得】
スペンサー・ディンウィディー
ドリアン・フィニースミス
1巡目指名権(29年)
2巡目指名権×2(27年、29年)

「アービングがトレード要求をした」という報道からわずか2日で決着がつきました。

ドンチッチ&カイリーという強力バックコートデュオが完成!

優勝を狙うマブスが大改革で勝負に出ました。これが吉と出るか凶と出るか…。

一方ネッツはハーデン、カイリーがいなくなり、デュラント1人に。

新加入の選手が渡邊雄太の出場時間にどのように影響を与えるか注目です。

八村塁がトレードでレイカーズに移籍!

八村塁 レイカーズ

1月24日にウィザーズの八村塁がレイカーズにトレードされたという情報が入りました。

【レイカーズ獲得】
八村塁

【ウィザーズ獲得】
ケンドリック・ナン
2巡目指名権×3(23年、28年、29年)

移籍の噂は出ていたので、移籍自体に驚きはありませんが、トレード先がレイカーズというのは驚きました。

レイカーズにはウィザーズ時代のチームメイトである、ラッセル・ウエストブルック、トーマス・ブライアント、トロイ・ブラウンJr.がいます。

名門レイカーズでどのぐらい出場時間を得られるのか注目です。

キングレブロン、先輩ラス、復帰してくるADと、どのようなプレーをするのか楽しみですね!

 

 

【再契約】マイルズ・ターナーがペイサーズと再契約!

マイルズターナー 再契約

1月29日にペイサーズのマイルズ・ターナーがペイサーズと再契約するという情報が入りました。

2年5800万ドル(約75億4000万円)の契約延長

2022-23シーズン 1800万ドル→3500万ドルへ昇給
2023-24シーズン 2090万ドル
2024-25シーズン 1990万ドル

トレードの噂が絶えなかったターナーがペイサーズ残留という形で一旦落ち着きました。

一時期はターナー中心のチーム作りをしていたペイサーズですが、今はさらに若い選手を中心とするチーム作りに変更しています。

まだ26歳のターナーの奮起に期待しましょう。

 

 

他の情報が入り次第、更新します!!

 

NBAのグッズを「NBA ZONE」でチェック!

→ NBAは「NBA Rakuten」が独占配信!

NBAの最新情報を「NBA Rakuten」でチェックする!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました