NBAドラフト2019の結果速報!八村塁の指名順位とチームは?

日本バスケットボール界にとって歴史的な瞬間となりました!

ゴンザガ大学のエースとして活躍した日本の八村塁選手がNBAドラフトで名前が呼ばれました!

日本時間6月21日(金)にNBAドラフト2019が行われました。

この記事では、NBAドラフト2019の結果をお届けします!

夢の日本人ドラフト指名選手となった八村塁選手の指名順位、所属チームはどこになったのでしょうか?

また、全体のドラフト結果もこちらに書いています。

2019年のドラフト結果は日本では過去最大の注目度です!

では、早速見ていきましょう!

スポンサードリンク

八村塁選手のドラフト結果!指名順位と所属チームは?

八村塁選手のドラフト結果は以下の通りです!

八村塁のドラフト結果

ドラフト順位:1巡目9位

所属チーム:ワシントン・ウィザーズ

所属チーム情報

ワシントン・ウィザーズは今シーズン32勝50敗と低迷したイースト所属のチーム。

オールスタープレイヤーのジョン・ウォール、ブラッドリー・ビールが所属しています。

昨シーズンはウォールがアキレス腱断裂してチームは崩壊。3年ぶりにプレーオフ進出を逃しました。

八村塁選手が入った来シーズンはプレーオフ進出に期待がかかります。

NBAドラフト2019は楽天TVの「Rakuten NBA Special」とNBAJapan公式Twitterで無料放送されます!

→Rakuten NBA Specialで視聴する!

※見逃し配信にも対応しています。

NBAドラフト2019の結果速報!

ここからは2019年のドラフト全体の結果を見ていきたいと思います。

1巡目

1位 ザイオン・ウィリアムソン(ペリカンズ指名)

1位はデューク大出身のザイオン・ウィリアムソン。レブロン2世として大注目されている。指名されたペリカンズで革命を起こせるか注目。

2位 ジャ・モラント(グリズリーズ指名)

2位はマレーステイト大出身のジャ・モラント。身体能力抜群で今季のNCAAトーナメントのアシスト王。トレードで放出したマイク・コンリーの後継者としての活躍が求められる。

3位 RJ・バレット(ニックス指名)

3位はデューク大出身のRJ・バレット。ザイオンと共にデューク大を引っ張った。カナダ出身でオールラウンダーな活躍ができる。長年低迷しているニックスを救えるか注目。

4位 ディアンドレ・ハンター(レイカーズ指名)→ホークスへ

4位はバージニア大出身のディアンドレ・ハンター。今年のNCAAトーナメントで優勝したバージニア大のエース。決勝では27得点と大活躍した。

5位 ダリアス・ガーランド(キャバリアーズ指名)

5位はバンダービルト大出身のダリアス・ガーランド。得点力のあるポイントガード。キャバリアーズが2年連続でポイントガードを指名した。

6位 ジャレット・カルバー(サンズ指名)→ウルブズへ

6位はテキサステック大出身のジャレット・カルバー。NCAAトーナメントで八村塁選手率いるゴンザガ大学を破り準優勝したチームのエース。ディフェンスにも定評がある。

7位 コビー・ホワイト(ブルズ指名)

7位は名門ノースカロライナ大出身のコビー・ホワイト。得点力のあるガード。若手が揃うブルズでフィットしそうな予感。

8位 ジャクソン・ヘイズ(ホークス指名)→ペリカンズへ

8位はテキサス大出身のジャクソン・ヘイズ。7フッターながら機動力のある選手。ザイオンと同じチームになった。来シーズンのペリカンズは楽しみなチームになった。

9位 八村塁(ウィザーズ指名)

9位に八村塁選手が指名!!歴史的快挙!!いいチームに指名された印象。低迷したウィザーズを救えるか本当に楽しみ。

10位 キャム・レディッシュ(ホークス指名)

10位はデューク大出身のキャム・レディッシュ。デューク大3枚看板の1人。ホークスはドラフトトップ10選手が2名おり、来シーズンの躍進に期待。

11位 キャメロン・ジョンソン(ウルブズ指名)→サンズへ

12位 PJ・ワシントン(ホーネッツ指名)

13位 タイラー・ヒーロー(ヒート指名)

14位 ロミオ・ラングフォード(セルティックス指名)

15位 セコウ・ドゥンブヤ(ピストンズ指名)

16位 チュマ・オケケ(マジック指名)

17位 ニッケル・アレクサンダー・ウォーカー(ネッツ指名)→ペリカンズへ

18位 ゴガ・ビタッゼ(ペイサーズ指名)

19位 ルカ・サマニッチ(スパーズ指名)

20位 マティス・サイブル(セルティックス指名)→シクサーズへ

21位 ブランドン・クラーク(サンダー指名)→グリズリーズへ

22位 グラント・ウィリアムズ(セルティックス指名)

23位 ダリアス・ベイズリー(ジャズ指名)→サンダーへ

24位 タイ・ジェローム(シクサーズ指名)→サンズへ

25位 ナシール・リトル(ブレイザーズ指名)

26位 ディラン・ウィンドラー(キャバリアーズ指名)

27位 フィオンドゥ・カベンゲレ(ネッツ指名)→クリッパーズへ

28位 ジョーダン・プール(ウォリアーズ指名)

29位 ケルドン・ジョンソン(スパーズ指名)

30位 ケビン・ポーターJr(バックス指名)→キャバリアーズへ

2巡目

31位 ニコラス・クラクストン(ネッツ指名)
32位 KZ・オクパラ(サンズ指名)→ヒートへ
33位 カーセン・エドワーズ(シクサーズ指名)→セルティックスへ
34位 ブルーノ・フェルナンド(シクサーズ指名)→ホークスへ
35位 マルコス・ルザダ・シルバ(ホークス指名)→ペリカンズへ
36位 コディー・マーティン(ホーネッツ指名)
37位 デイビダス・シルビディス(マーベリックス指名)→ピストンズへ
38位 ダニエル・ガフォード(ブルズ指名)
39位 アレン・スマイラギッチ(ペリカンズ指名)→ウォリアーズへ
40位 ジャスティン・ジェームズ(キングス指名)
41位 エリック・パスコル(ホークス指名)→ウォリアーズへ
42位 アドミラル・スコフィールド(シクサーズ指名)→ウィザーズへ
43位 ジェイレン・ノーエル(ウルブズ指名)
44位 ボル・ボル(ホークス指名)→ナゲッツへ
45位 アイザイア・ロビー(ピストンズ指名)
46位 タレン・ホルトン・タッカー(マジック指名)→レイカーズへ
47位 イグナス・ブラズデイキス(キングス指名)→ニックスへ
48位 テランス・マン(クリッパーズ指名)
49位 クインダリー・ウェザースプーン(スパーズ指名)
50位 ジャレル・ブラントリー(ペイサーズ指名)→ジャズへ
51位 トレモント・ウォーターズ(セルティックス指名)
52位 ジェイレン・マクダニエルズ(ホーネッツ指名)
53位 ジャスティン・ライト・フォーマン(ジャズ指名)
54位 マリアル・シェイヨック(シクサーズ指名)
55位 カイル・ガイ(ニックス指名)→キングスへ
56位 ジェイレン・ハンズ(クリッパーズ指名)→ネッツへ
57位 ジョーダン・ボーン(ペリカンズ指名)→ピストンズへ
58位 ミエ・オニ(ウォリアーズ指名)→ジャズへ
59位 ドゥワン・ヘルナンデス(ラプターズ指名)
60位 バニヤ・マリンコビッチ(キングス指名)

【2019年NBAドラフト指名順位の移り変わり】

1位 ペリカンズ
2位 グリズリーズ
3位 ニックス
4位 レイカーズペリカンズ→ホークス
5位 キャバリアーズ
6位 サンズ→ウルブズ
7位 ブルズ
8位 ホークス→ペリカンズ
9位 ウィザーズ
10位 ホークス
11位 ウルブズ→サンズ
12位 ホーネッツ
13位 ヒート
14位 セルティックス
15位 ピストンズ
16位 マジック
17位 ネッツ→ホークス→ペリカンズ
18位 ペイサーズ
19位 スパーズ
20位 セルティックス→シクサーズ
21位 サンダー→グリズリーズ
22位 セルティックス
23位 ジャズ→グリズリーズ→サンダー
24位 シクサーズ→セルティックス→サンズ
25位 ブレイザーズ
26位 キャバリアーズ
27位 ネッツ→クリッパーズ
28位 ウォリアーズ
29位 スパーズ
30位 バックス→ピストンズ→キャバリアーズ
31位 ネッツ
32位 サンズ→ペイサーズ→ヒート
33位 シクサーズ→セルティックス
34位 シクサーズ→ホークス
35位 ホークス→ペリカンズ
36位 ホーネッツ
37位 マーベリックス→ピストンズ
38位 ブルズ
39位 ペリカンズ→ウォリアーズ
40位 キングス
41位 ホークス→ウォリアーズ
42位 シクサーズ→ウィザーズ
43位 ウルブズ
44位 ホークス→ヒート→ナゲッツ
45位 ピストンズ
46位 マジック→レイカーズ
47位 キングス→ニックス
48位 クリッパーズ
49位 スパーズ
50位 ペイサーズ→ジャズ
51位 セルティックス
52位 ホーネッツ
53位 ジャズ
54位 シクサーズ
55位 ニックス→キングス
56位 クリッパーズ→ネッツ
57位 ペリカンズ→ホークス→シクサーズ→ピストンズ
58位 ウォリアーズ→ジャ
59位 ラプターズ
60位 キングス
ドラフトの仕組みについてはこちらにまとめています。

こんにちは! ゴンザガ大で大活躍のシーズンを終えた八村塁選手。 NCAAトーナメント(マーチマッドネス)ではエリート8で敗退し、...

歴代NBAドラフト1位指名選手

2000年以降のNBAドラフトで1位指名された選手をご紹介します。

選手名 指名チーム
2018年 ディアンドレ・エイトン サンズ
2017年 マーケル・フルツ シクサーズ
2016年 ベン・シモンズ シクサーズ
2015年 カール=アンソニー・タウンズ ウルブズ
2014年 アンドリュー・ウィギンス キャバリアーズ
2013年 アンソニー・ベネット キャバリアーズ
2012年 アンソニー・デイビス ペリカンズ
2011年 カイリー・アービング キャバリアーズ
2010年 ジョン・ウォール ウィザーズ
2009年 ブレイク・グリフィン クリッパーズ
2008年 デリック・ローズ ブルズ
2007年 グレッグ・オデン ブレイザーズ
2006年 アンドレア・バルニャーニ ラプターズ
2005年 アンドリュー・ボーガット バックス
2004年 ドワイト・ハワード マジック
2003年 レブロン・ジェームズ キャバリアーズ
2002年 姚明 ロケッツ
2001年 クワミ・ブラウン ウィザーズ
2000年 ケニオン・マーティン ネッツ

NBAの第一線で活躍している(した)選手もいれば、思うような活躍ができずに引退(解雇)された選手もいます。

ドラフト1位の選手は期待度が他の選手よりも高いので、それだけプレッシャーもかかります。

2003年にドラフトされて未だにNBAを引っ張っているキング・レブロンはやはり凄いとしか言いようがないですね!

まとめ

今回は、日本の八村塁選手も参加したNBAドラフト2019の結果についてまとめました。

これから八村塁選手がNBAでどれだけの活躍ができるのか本当に楽しみです。

そして、既にNBAの舞台を経験した渡邊雄太選手との夢の2ショットも期待しましょう!

日本人選手の活躍により、日本でのNBAの注目度も今まで以上に上がるでしょうね!

これで、東京オリンピックのバスケはかなり盛り上がること間違いなし!

これからのNBAに大注目です!

八村塁選手が指名されるNBAドラフト2019は楽天TVで国内独占生配信!

→Rakuten NBA Specialで視聴する!

※見逃し配信にも対応しています。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする