NBAプレーオフ2022の結果速報!トーナメント表と勝ち上がりを紹介!

NBAプレーオフ2022 結果速報 プレーオフ

NBAプレーオフ2022の結果速報をお届けします!

今年はプレーオフ出場チームの力が拮抗しており、数年前のウォリアーズのように絶対的な優勝候補がわからない状況です。

昨シーズンは、バックスがファイナルでサンズを下し50年ぶりの優勝を果たしました。

2022年はどのチームがNBAチャンピオンに輝くのでしょうか?

スポンサードリンク

NBAプレーオフ2022の組み合わせ

NBAプレーオフ2022のトーナメント表と勝ち上がりは以下の通りです。

NBAプレーオフ2022 結果速報

 

優勝:ゴールデンステイト・ウォリアーズ(4年ぶり7回目)

 

プレーオフは、東西各8チーム(合計16チーム)が出場します。

・レギュラーシーズン終了時点の東西勝率上位6チーム

・レギュラーシーズン東西勝率7位〜10位間で争われるプレーイン・トーナメントの勝者2チーム

 

プレーイン・トーナメントを含めた組み合わせは以下の通りです。

NBAプレーオフ2022 結果速報

 

ファーストラウンド、カンファレンス・セミファイナル、カンファレンスファイナル、NBAファイナルを戦い、各ラウンドで4勝(計16勝)したチームが優勝します!

NBAプレーオフ2022は「NBA Rakuten」が独占配信!

「NBA Rakuten」でNBAを視聴する!

※テレビ放送はなく、NBAを観られるのは「NBA Rakuten」のみです!
※配信されたプレーオフ2022の過去の試合も視聴可能!

 

NBAファイナル2022の結果速報!

NBAチャンピオンが決まるNBAファイナル2022の結果をお届けします!

日程は日本時間、スコアの右がホームチームです。

ウォリアーズ vs セルティックス

GSW:ウォリアーズ、BOS:セルティックス

ゲーム 日程 スコア 対戦成績
GAME1 6/3 BOS 120-108 GSW BOS Leads 1-0
GAME2 6/6 BOS 88-107 GSW Tied 1-1
GAME3 6/9 GSW 100-116 BOS BOS Leads 2-1
GAME4 6/11 GSW 107-97 BOS Tied 2-2
GAME5 6/14 BOS 94-104 GSW GSW Leads 3-2
GAME6 6/17 GSW 103-90 BOS GSW 優勝 4-2
GAME7 6/20 BOS vs GSW ※必要な場合開催

→ウォリアーズが4勝2敗で優勝! 

ファイナルMVP:ステフィン・カリー

 

ウォリアーズが4年ぶり7度目の優勝を果たした。ファイナルMVPはカリーが文句なしの受賞。カリーは第5戦の0/9を除き、5試合で5本以上の3Pを決める圧巻のパフォーマンスを見せた。

カリーは4回の優勝で初のファイナルMVPとなった。今シーズンから加入のウィギンズがファイナルの舞台で大活躍した。他のプレイヤーも自分の役割を果たし総合力の高さを見せた。

一方、セルティックスはアウェーの初戦を取るなどシリーズを優位に進めていたが、3連敗でシーズン終了。敗れたものの、ネッツ・バックス・ヒートを下してのファイナル進出は見事だった。

 

NBAプレーオフ2022は「NBA Rakuten」が独占配信!

「NBA Rakuten」でNBAを視聴する!

※テレビ放送はなく、NBAを観られるのは「NBA Rakuten」のみです!
※配信されたプレーオフ2022の過去の試合も視聴可能!

 

NBAプレーオフ2022 カンファレンスファイナルの結果速報!

NBAプレーオフ2022カンファレンスファイナルの結果をお届けします!

イースト①ヒート vs ②セルティックス

MIA:ヒート、BOS:セルティックス

日程 スコア 対戦成績
5/18 BOS 107-118 MIA MIA Leads 1-0
5/20 BOS 127-102 MIA Tied 1-1
5/22 MIA 109-103 BOS MIA Leads 2-1
5/24 MIA 82-102 BOS Tied 2-2
5/26 BOS 93-80 MIA BOS Leads 3-2
5/28 MIA 111-103 BOS Tied 3-3
5/30 BOS 100-96 MIA BOS 勝利! 4-3

→セルティックスが4勝3敗でNBAファイナル進出決定! 

カンファレンスファイナルMVP:ジェイソン・テイタム

 

セルティックスがバックスに引き続きヒートも最終戦で下しファイナル進出決定!今プレーオフで大活躍のテイタムがこのシリーズでもチームを引っ張り、MVPに輝いた。

第1シードのヒートは王手をかけてから連敗。セミファイナルまではホーム負けなしだったがこのシリーズでは3敗した。バトラーが最終戦にフル出場をして35得点を記録したがわずかに届かなかった。

 

ウエスト③ウォリアーズ vs ④マーベリックス

GSW:ウォリアーズ、DAL:マーベリックス

日程 スコア 対戦成績
5/19 DAL 87-112 GSW GSW Leads 1-0
5/21 DAL 117-126 GSW GSW Leads 2-0
5/23 GSW 109-100 DAL GSW Leads 3-0
5/25 GSW 109-119 DAL GSW Leads 3-1
5/27 DAL 110-120 GSW GSW 勝利! 4-1

→ウォリアーズが4勝1敗でNBAファイナル進出決定! 

カンファレンスファイナルMVP:ステフィン・カリー


ウォリアーズが直近8年で6度目のファイナル進出!カリー、トンプソン、グリーンのベテランBIG3に加え、ウィギンズ、ルーニー、プールなどのサポートが機能した。

開幕時にはそこまで評価の高くなかったウォリアーズが大一番でベストコンディションになっている。マブスは第一シードを倒すなど躍進したシーズンとなった。オフの補強に注目したい。

 

NBAプレーオフ2022は「NBA Rakuten」が独占配信!

「NBA Rakuten」でNBAを視聴する!

※テレビ放送はなく、NBAを観られるのは「NBA Rakuten」のみです!
※配信されたプレーオフ2022の過去の試合も視聴可能!

NBAプレーオフ2022 カンファレンス・セミファイナルの結果速報!

NBAプレーオフ2022カンファレンス・セミファイナルの結果をお届けします!

イースト①ヒート vs ④シクサーズ

MIA:ヒート、PHI:シクサーズ

日程 スコア 対戦成績
5/3 PHI 92-106 MIA MIA Leads 1-0
5/5 PHI 103-119 MIA MIA Leads 2-0
5/7 MIA 79-99 PHI MIA Leads 2-1
5/9 MIA 108-116 PHI Tied 2-2
5/11 PHI 85-120 MIA MIA Leads 3-2
5/13 MIA 99-90 PHI MIA 勝利! 4-2

→ヒートが4勝2敗でカンファレンスファイナル進出決定! 

 

ヒートが自慢のディフェンス力でシクサーズを抑えてシリーズ突破。ラウリーが怪我で欠場するも層の厚さでカバー。エースのバトラーはシリーズを通して素晴らしい活躍を見せた。

シクサーズは第2戦までエンビードが欠場して完敗。第3戦から復帰しシリーズをタイに戻したが敗退。シーズン途中で加入したハーデンは活躍した試合もあったが全体的には影が薄かった。

 

イースト②セルティックス vs ③バックス

BOS:セルティックス、MIL:バックス

日程 スコア 対戦成績
5/2 MIL 101-89 BOS MIL Leads 1-0
5/4 MIL 86-109 BOS Tied 1-1
5/8 BOS 101-103 MIL MIL Leads 2-1
5/10 BOS 116-108 MIL Tied 2-2
5/12 MIL 110-107 BOS MIL Leads 3-2
5/14 BOS 108-95 MIL Tied 3-3
5/16 MIL 81-109 BOS BOS 勝利! 4-3

→セルティックスが4勝3敗でカンファレンスファイナル進出決定! 

 

最終戦までもつれ込んだシリーズは、ホームコートアドバンテージを持つセルティックスに軍配。第7戦にプレーオフフランチャイズレコードとなる22本の3Pを沈めて勝負を決めた。

連覇を狙うバックスは3-2で王手をかけていたが逆転負け。ミドルトンを欠きながらもヤニスの超人的な活躍でシリーズを優位に進めていたがあと一歩及ばなかった。

 

ウエスト①サンズ vs ④マーベリックス

PHX:サンズ、DAL:マーベリックス

日程 スコア 対戦成績
5/3 DAL 114-121 PHX PHX Leads 1-0
5/5 DAL 109-129 PHX PHX Leads 2-0
5/7 PHX 94-103 DAL PHX Leads 2-1
5/9 PHX 101-111 DAL Tied 2-2
5/11 DAL 80-110 PHX PHX Leads 3-2
5/13 PHX 86-113 DAL Tied 3-3
5/16 DAL 123-90 PHX DAL 勝利! 4-3

→マーベリックスが4勝3敗でカンファレンスファイナル進出決定! 

 

マブスが優勝を狙うサンズをアップセット!2勝3敗の崖っぷちから2連勝でシリーズ突破!第7戦でドンチッチが前半だけで27得点を記録。前半で30点差をつけて大勝した。

一方、ウエストでは優勝候補筆頭だったサンズがまさかの敗退。シリーズを優位に進めていたが逆転負けを喫した。第2戦終了時点では圧倒的だったCP3が第3戦以降、大失速した。

 

ウエスト②グリズリーズ vs ③ウォリアーズ

MEM:グリズリーズ、GSW:ウォリアーズ

日程 スコア 対戦成績
5/2 GSW 117-116 MEM GSW Leads 1-0
5/4 GSW 101-106 MEM Tied 1-1
5/8 MEM 112-142 GSW GSW Leads 2-1
5/10 MEM 98-101 GSW GSW Leads 3-1
5/12 GSW 95-134 MEM GSW Leads 3-2
5/14 MEM 96-110 GSW GSW 勝利! 4-2

→ウォリアーズが4勝2敗でカンファレンスファイナル進出決定! 

 

今プレーオフ、ホームで無敗のウォリアーズが6戦でグリズリーズを撃破。シリーズを勝ち上がったものの、モラントのいないチームに最大55点差をつけられるなど不安が残る。

今シーズン躍進したグリズリーズは百戦錬磨のウォリアーズに一歩届かず。第4戦以降はモラントがいない中1勝をあげるなどチーム力の高さを見せた。来シーズンも明るいフランチャイズ。

 

NBAプレーオフ2022は「NBA Rakuten」が独占配信!

「NBA Rakuten」でNBAを視聴する!

※テレビ放送はなく、NBAを観られるのは「NBA Rakuten」のみです!
※配信されたプレーオフ2022の過去の試合も視聴可能!

NBAプレーオフ2022 ファーストラウンドの結果速報!


NBAプレーオフ2022ファーストラウンドの結果をお届けします!

イースト ①ヒート vs ⑨ホークス

MIA:ヒート、ATL:ホークス

日程 スコア 対戦成績
4/18 ATL 91-115 MIA MIA Leads 1-0
4/20 ATL 105-115 MIA MIA Leads 2-0
4/23 MIA 110-111 ATL MIA Leads 2-1
4/25 MIA 110-86 ATL MIA Leads 3-1
4/27 ATL 94-97 MIA MIA 勝利! 4-1

→ヒートが4勝1敗でカンファレンス・セミファイナル進出決定! 

 

ヒートが実力の差を見せてシリーズ突破。第5戦はラウリー、バトラーが怪我で欠場したが総合力で上回るヒートが勝利した。

ホークスはエースのヤングがシリーズを通してヒートディフェンスに苦戦。第3戦にチームを勝利に導く逆転ショットを決めたが、1勝するのがやっとだった。

 

イースト ②セルティックス vs ⑦ネッツ

BOS:セルティックス、BKN:ネッツ

日程 スコア 対戦成績
4/18 BKN 114-115 BOS BOS Leads 1-0
4/21 BKN 107-114 BOS BOS Leads 2-0
4/24 BOS 106-100 BKN BOS Leads 3-0
4/26 BOS 116-112 BKN BOS 勝利! 4-0

→セルティックスが4連勝でカンファレンス・セミファイナル進出決定! 

 

ネッツがまさかのスイープ負けを喫した。エースのテイタムを中心にセルティックスのチーム力の高さが光ったシリーズとなった。スイープだったが全試合接戦で見応えのあるシリーズだった。

ネッツは第4戦でKDがほぼフル出場。39得点を記録するが、残り22秒のFTを外して終了。出場の可能性が報道されたベン・シモンズは結局出場することなくシーズンを終えた。

 

イースト ③バックス vs ⑥ブルズ

MIL:バックス、CHI:ブルズ

日程 スコア 対戦成績
4/18 CHI 86-93 MIL MIL Leads 1-0
4/21 CHI 114-110 MIL Tied 1-1
4/23 MIL 111-81 CHI MIL Leads 2-1
4/25 MIL 119-95 CHI MIL Leads 3-1
4/28 CHI 100-116 MIL MIL 勝利! 4-1

→バックスが4勝1敗でカンファレンス・セミファイナル進出決定! 

 

前年覇者のバックスが安定したプレーでブルズに勝利。第2戦でミドルトンを欠くも問題なく勝ち上がった。主力以外の選手も活躍を見せ、層の厚さを見せたシリーズとなった。

今シーズン躍進を見せたブルズはシーズン終盤から調子を落としてそのままプレーオフに入った。デローザンが第2戦で41得点を記録したが、他の試合はパッとせず。プレーオフでの勝負弱さを払拭することができなかった。

 

イースト ④シクサーズ vs ⑤ラプターズ

PHI:シクサーズ、TOR:ラプターズ

日程 スコア 対戦成績
4/17 TOR 111-131 PHI PHI Leads 1-0
4/19 TOR 97-112 PHI PHI Leads 2-0
4/21 PHI 104-101 TOR
(OT1)
PHI Leads 3-0
4/24 PHI 102-110 TOR PHI Leads 3-1
4/26 TOR 103-88 PHI PHI Leads 3-2
4/29 PHI 132-97 TOR PHI 勝利! 4-2

→シクサーズが4勝2敗でカンファレンス・セミファイナル進出決定! 

 

東の4位、5位対決はシクサーズに軍配。シクサーズはシリーズを勝ち上がったものの、エンビードがハーデンに不満を持つなど不安要素が残る。2年目のタイリース・マクシーの活躍は今後のプラス材料。

ラプターズは3連敗から2連勝をして意地を見せたがシーズンエンド。渡邊雄太は勝負どころでの起用はなかったものの、プレーオフ初出場・初得点をあげてプレーオフの雰囲気を体感した。

 

ウエスト ①サンズ vs ⑨ペリカンズ

PHX:サンズ、NOP:ペリカンズ

日程 スコア 対戦成績
4/18 NOP 99-110 PHX PHX Leads 1-0
4/20 NOP 125-114 PHX Tied 1-1
4/23 PHX 114-111 NOP PHX Leads 2-1
4/25 PHX 103-118 NOP Tied 2-2
4/27 NOP 97-112 PHX PHX Leads 3-2
4/29 PHX 115-109 NOP PHX 勝利! 4-2

→サンズが4勝2敗でカンファレンス・セミファイナル進出決定! 

 

サンズが4勝2敗で勝ち上がったが予想以上に苦戦を強いられた。第6戦も接戦となったが、CP3がFG14本を全て決めるというNBA新記録を作り33得点。CP3がチームを救った。

一方ペリカンズは開幕後1勝12敗からスタートしたがシーズン終盤から大躍進を遂げた。プレーインを勝ち上がり優勝を狙うサンズを最後まで苦しめた。来シーズンの飛躍が楽しみなチームになった。

 

ウエスト ②グリズリーズ vs ⑦ウルブズ

MEM:グリズリーズ、MIN:ウルブズ

日程 スコア 対戦成績
4/17 MIN 130-117 MEM MIN Leads 1-0
4/20 MIN 96-124 MEM Tied 1-1
4/22 MEM 104-95 MIN MEM Leads 2-1
4/24 MEM 118-119 MIN Tied 2-2
4/27 MIN 109-111 MEM MEM Leads 3-2
4/30 MEM 114-106 MIN MEM 勝利! 4-2

→グリズリーズが4勝2敗でカンファレンス・セミファイナル進出決定! 

 

今シーズン躍進したチーム同士の対決はグリズリーズに軍配が上がった。チーム全員がバランス良く活躍してジャ・モラントだけではないことを証明した。

ウルブズはグリズリーズを苦しめるも惜しくも敗退。リードを保ちながら終盤に逆転される試合が多く痛い星を落としていた。その中でもエドワーズの活躍は希望を与えた。

 

ウエスト ③ウォリアーズ vs ⑥ナゲッツ

GSW:ウォリアーズ、DEN:ナゲッツ

日程 スコア 対戦成績
4/17 DEN 107-123 GSW GSW Leads 1-0
4/19 DEN 106-126 GSW GSW Leads 2-0
4/22 GSW 118-113 DEN GSW Leads 3-0
4/25 GSW 121-126 DEN GSW Leads 3-1
4/28 DEN 98-102 GSW GSW 勝利! 4-1

→ウォリアーズが4勝1敗でカンファレンス・セミファイナル進出決定! 

 

プレーオフに入り主力が戻ってきたウォリアーズが余裕の勝ち抜け。ジョーダン・プールの大活躍もあり、怪我明けのカリーが第4戦まではベンチから出場するというラインナップを組んだ。

ナゲッツはMVP候補のヨキッチが孤軍奮闘を見せるもウォリアーズ相手には1勝がやっとだった。マレーとMPJが怪我で出場できず、ナゲッツとしては厳しいシーズンとなった。

 

ウエスト ④マーベリックス vs ⑤ジャズ

DAL:マーベリックス、UTA:ジャズ

日程 スコア 対戦成績
4/17 UTA 99-93 DAL UTA Leads 1-0
4/19 UTA 104-110 DAL Tied 1-1
4/22 DAL 126-118 UTA DAL Leads 2-1
4/24 DAL 99-100 UTA Tied 2-2
4/26 UTA 77-102 DAL DAL Leads 3-2
4/29 DAL 98-96 UTA DAL 勝利! 4-2

→マーベリックスが4勝2敗でカンファレンス・セミファイナル進出決定! 

 

ドンチッチがキャリア初のファーストラウンド突破を果たした。ドンチッチが怪我で欠場した最初の3試合は同期のブランソンが大活躍をしてチームを勝利に導いた。

ジャズは昨シーズンよりも成績を落としシーズンエンド。噛み合っておらずオフシーズンはチームのテコ入れが必須。

 

NBAプレーオフ2022は「NBA Rakuten」が独占配信!

「NBA Rakuten」でNBAを視聴する!

※テレビ放送はなく、NBAを観られるのは「NBA Rakuten」のみです!
※配信されたプレーオフ2022の過去の試合も視聴可能!

 

プレーイン・トーナメント2022の結果速報!

NBAプレーイン・トーナメント2022の結果をお届けします!

プレーイン・トーナメントはプレーオフの第7・第8シードを賭けて戦う一発勝負のトーナメントです。

イースト 8位キャバリアーズ vs 9位ホークス

CLE:キャバリアーズ、ATL:ホークス

日程 スコア 結果
4/16 ATL 106-99 CLE ATLが第8シード確定!
CLEはシーズン終了

→ホークスが第8シードでのプレーオフ進出決定! 

 

前半6得点のトレイ・ヤングが後半だけで32得点を記録してホークスが逆転勝利。第8シードでのプレーオフ進出を決めた。

キャブズはアレンの復帰、マルッカネンの活躍などで前半を優位に進めたが後半失速。レギュラーシーズン8位で終わりながらプレーオフ進出を逃す形となった。

 

ウエスト 8位クリッパーズ vs 9位ペリカンズ

LAC:クリッパーズ、NOP:ペリカンズ

日程 スコア 結果
4/16  NOP 105-101 LAC NOPが第8シード決定戦へ!
LACはシーズン終了

→ペリカンズが第7シードでのプレーオフ進出決定! 

 

接戦となった試合は、エースの差が明暗を分けた。イングラムが30得点、マッカラムが19得点とエース2人がチームを勝利に導いた。ベンチからナンスJrが14得点16リバウンドの活躍を見せた。

クリッパーズは、ポール・ジョージが大事な試合でプロトコル入りとなり欠場。Rジャクソン、モリスが27得点を記録して粘りを見せたがあと一歩届かなかった。

 

イースト 7位ネッツ vs 8位キャバリアーズ

BKN:ネッツ、CLE:キャバリアーズ

日程 スコア 結果
4/13 CLE 108-115 BKN BKNが第7シード確定!
CLEは第8シード決定戦へ

→ネッツが第7シードでのプレーオフ進出決定! 

 

カイリーが最初のFGを12本連続で決め34得点12アシスト、KDが25得点11アシスト3ブロックと優勝を経験しているエース2人が格の違いを見せた。

一方、キャブズは20点以上の差をつけられるも、ガーランドを中心に終盤5点差まで詰め寄る粘りを見せたが力尽きた。

 

イースト 9位ホークス vs10位ホーネッツ

ATL:ホークス、CHA:ホーネッツ

日程 スコア 結果
4/14 CHA 103-132 ATL ATLが第8シード決定戦へ!
CHAはシーズン終了

→ホークスが第8シード決定戦へ! 

 

ホークスがスタメン5選手を含む6選手が2桁得点を記録し大勝。第3Q終盤から一気に点差を引き離した。

ホーネッツはラメロが26得点7アシストを記録したが、チームを勝利に導くことはできなかった。ホーネッツは2年連続でプレーイン敗退となった。

 

ウエスト 7位ウルブズ vs 8位クリッパーズ

MIN:ウルブズ、LAC:クリッパーズ

日程 スコア 結果
4/13 LAC 104-109 MIN MINが第7シード確定!
LACは第8シード決定戦へ

→ウルブズが第7シードでのプレーオフ進出決定! 

 

ウルブズが接戦を制し4年ぶりのプレーオフを決めた。序盤KATが絶不調+ファウルトラブル、第4Q残り8分弱を残して退場するも、エドワーズ30得点、ラッセル29得点の活躍で勝利した。

一方、クリッパーズも復帰したPG13が第3Qの17得点を含む34得点を記録するなどチームを引っ張ったがあと一歩届かなかった。

 

ウエスト 9位ペリカンズ vs 10位スパーズ

NOP:ペリカンズ、SAS:スパーズ

日程 スコア 結果
4/14 SAS 103-113 NOP NOPが第8シード決定戦へ!
SASはシーズン終了

→ペリカンズが第8シード決定戦へ!

 

マッカラムが32得点、イングラムが27得点、バランチュナスが22得点と中心3選手がしっかり仕事をしたペリカンズが勝利。

スパーズは最大21点差をつけられながら第4Qに6点差まで詰める猛攻を見せたがシーズンエンド。今シーズン躍進したエースのマレーがファウルトラブルと不調で波に乗れなかった。

 

 

NBAプレーオフ2022は「NBA Rakuten」が独占配信!

「NBA Rakuten」でNBAを視聴する!

※テレビ放送はなく、NBAを観られるのは「NBA Rakuten」のみです!
※配信されたプレーオフ2022の過去の試合も視聴可能!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました